幼児教育学科

客員教授新沢としひこ先生による特別講義「今日からはじめの一歩」(第1日目)を開催しました

10月25日(火)、26日(水)の2日間、関キャンパス・グレースホールにて、シンガーソングライターで本学客員教授の新沢としひこ先生による「今日からはじめの一歩」と題して特別講義が行われました。

1日目は幼児教育学科1年生を対象として講座を開催。
音楽を介して、人とコミュニケーションをとる楽しさを教えていただきました。
ギターと歌の「パレード」で幕開けし、2人組、4人組、10人組、どどんどんグループの人数を変えて仲間をつくる「輪ゴムになーれ」や、2人組でじゃんけんをして負けたほうがみんなの前に出て踊る「夫婦ぜんざい」など、スリルがあるグループワークを満喫しました。
また、新沢先生の新しいアルバムの曲「今夜はハロウィンナイト」で、学生は思い思いのモンスターになり切って表現しました。

特別講義の様子1

特別講義の様子2

2限目は、中部学院大学短期大学部幼児教育学科1年生“恒例"の「がんばれパチパチマン」に合わせ、1人1人「○○マン」を考えて、新沢さんと一緒に表現しました。

自分で考え自分で表現するという基本的な部分を音楽によって引き出してくださった新沢先生は、子どもたち一人ひとりの良さを引き出すことができる保育者像を伝えてくださいました。
ありがとうございました。

特別講義の様子3

特別講義の様子4

ページの先頭へ戻る