幼児教育学科

ホームカミングデー(幼児教育学科)開催しました

10月17日(土)大学祭「たのしみん祭」において、同時開催されたホームカミングデーに幼児教育学科の卒業生130名が集まり、懐かしいキャンパスで先生方との再会を喜びあいました。
全体会では、グレースホールで懐かしのチャペルを体験し、ビンゴ大会で盛り上がりました。

幼児教育学科の卒業生の皆さんは、在学中自分たちもゼミごとにブース設営した“わくわくあそび村”を表敬訪問!
「わぁ、先生お久しぶりです。お元気ですか?」と元気いっぱいの笑顔でした。ゼミでお世話になった先生、ピアノレッスンでお世話になった先生、実習でお世話になった先生・・・
卒業生たちの学生時代の思い出が次々とよみがえってきました。

近況報告では、「保育士として頑張っています」「就職して早起きになりました」などと、頼もしい言葉がたくさん聞けました。
そして、社会人となった今だから分かる短大での学びを振り返りながら、後輩たちの活動ぶりを見守ってくれました。

学科の先生がたが卒業生の来校をお待ちしていました
学科の先生がたが卒業生の来校をお待ちしていました。

「先生、お久しぶりーー!!」の声が響きます。
「先生、お久しぶりーー!!」の声が響きます。

「卒業して、変わったかしら?」「先生、いかがですか?」
「卒業して、変わったかしら?」
「先生、いかがですか?」

卒業生同士で仕事・プライべートの話に花が咲きました
卒業生同士で仕事・プライべートの話に花が咲きました

幼児教育学科の卒業生集まれ!

来年は幼児教育学科50周年の年です。卒業生の皆さん、その折には大集合しませんか?!
長い歴史に支えられている皆さんの学び舎にぜひお越しください!
そして、保育者として今後ますますのご活躍を期待しております。

「わくわくあそび村」の様子はこちら

ページの先頭へ戻る