人間福祉学部

精神保健福祉コース3年生が見学実習を行いました

2020.10.30

精神保健福祉コースは、3年生から精神保健福祉領域に関することを本格的に学び始めます。専門的な知識や理論に関する学びと同時に、精神科病院の見学や地域の施設の方々との交流を通してた『現場(実践)から学ぶ』ということを特に大切にしています。しかし、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、毎年、前期に行っている精神科病院の見学の実施や地域の施設関係者を大学に招いての交流活動が一切できず、3年生たちは現場の雰囲気を体感する機会がありませんでした。ただ、「コロナだから仕方ない」で諦めてしまっては実践的な学びが前に進まないため、精神保健福祉実習などで大変お世話になっている「NPO法人 心泉会(http://shinsenkai.net/index.html外部リンク)」に見学実習について相談したところ、ご快諾いただき、今回の見学実習が実現しました。

見学実習は、学生を2つのグループに分け、10月16日(金)と10月30日(金)に実施し、心泉会が各務原市で運営している「地域活動支援センターふらっと」と「クラブハウスゆうせん」の2ヶ所で行いました。学生たちには見学実習の2週間前から健康管理チェックシート(行動記録・体温等)の記入を徹底させたうえで見学実習を行いました。

見学実習では、基本的に「ふらっと」と「ゆうせん」の活動に一日参加しながら、施設利用者(メンバー)とコミュニケーションを図りました。1回目(10月16日)は、どの学生も緊張が強く、思うようにメンバーとコミュニケーションを図ることができず悔しい思いをしたようです。その悔しさを意識しながら積極的な姿勢で2回目(10月30日)に臨み、学生たちはそれなりの達成感を得ながらも自分自身の課題に少し向き合う気持ちが芽生えた印象です。

見学実習の最後に、施設スタッフだけではなくメンバーにも加わっていただき、振り返りを実施しました。その中で、メンバーたちは学生に数多くのメッセージやエールをおくってくれました。メンバーたちの思いがこもった声は学生たちのこれからの学びの糧になると思います。

コロナ禍での見学実習を受け入れていただいた「ふらっと」「ゆうせん」のメンバー、スタッフの皆様、ありがとうございました。

10月16日振り返りの様子
10月16日 ゆうせんでの振り返りの様子

10月30日振り返りの様子
10月30日 ゆうせんでの振り返りの様子

ページの先頭へ戻る