人間福祉学部

人間福祉学科4年生 卒業研究発表会を開催しました

2020.10.29

10月29日(木)2限目、人間福祉学科4年生の卒業研究発表会を実施しました。

例年は、3年生や2年生にも参加してもらいながら、研究成果等を各学生が発表する形式をとっているのですが、今年度はコロナ禍ということもあり、三密を防ぐために、各ゼミの代表者1名に発表してもらうコンパクト形式で行いました。発表した7名のテーマは下記の通りです。

氏名(ゼミ) テーマ
宮島さん(柴田ゼミ) 児童虐待死をなくすための対応に関する一考察
廣江さん(大藪ゼミ) 福祉職としての利用者とのかかわり方
廣瀬さん(谷口ゼミ) 釣りが及ぼす経済効果を高めるために
-釣り人のモラルと外来種の環境破壊へのアプローチ-
谷口さん(早川ゼミ) 中高年のひきこもり者の現状と課題
本川さん(名倉ゼミ) 視覚障害者をとりまく環境面の改善
-白杖を使用する方が安心して生活するために-
柏崎さん(加藤ゼミ) 荒れ果てた地の住民の精神的健康と「こころのケア」のあり方
-未曾有の大災害 東日本大震災の中で-
神谷さん(小松尾ゼミ) 障害者雇用の歴史

一人あたりの持ち時間は10分(発表7分、質疑応答3分)と短い時間でしたが、7名とも卒業研究として取り組んだ内容を簡潔にパワーポイントにまとめ、自分の言葉で堂々と発表してくれました。

卒業研究発表の様子1

卒業研究発表の様子2

卒業研究発表の様子3

卒業研究発表の様子4

卒業研究発表の様子5

卒業研究発表の様子6

卒業研究発表の様子7

発表者集合写真

4年生は卒業研究発表会を終え、一つの区切りがつきました。しかし、これから本格的に就職活動や国家試験(社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士)に向き合っていく必要がある人が数多くいるため、まだまだ気を抜くことができません。4年生の皆さん、自分の目標や夢に近づくために、これからの数か月間、体調に気をつけながらもう少し踏ん張ってください。

ページの先頭へ戻る