人間福祉学部

精神保健福祉コースの学生が3ヶ所の医療機関を見学しました

2019.07.12

精神保健福祉コースでは、「精神保健福祉領域の実践から学ぶ」ということを大きな教育目標に掲げています。その一環として、3週にわたり、3ヶ所の精神科医療機関(関連施設含む)の見学を3年生が行いました。

2019年6月28日(金)は、「医療法人 岐阜勤労者医療協会 すこやか診療所」と「みどり病院」を見学しました。3つのグループに分かれ、①岐阜勤労者医療協会のこれまでの経過説明、②すこやか診療所内の見学と力を入れて取り組んでいる訪問支援に関する説明、③みどり病院内の見学をさせていただきました。

2019年7月5日(金)は、「公益社団法人 岐阜病院」を見学しました。全体でオリエンテーションを受けたあと、3つのグループに分かれ、①精神科救急病棟、②ストレスケア病棟、③精神科急性期治療病棟(認知症)、④精神療養病棟、⑤デイケアを見学させていただきました。

2019年7月12日(金)は、「特定医療法人清仁会 のぞみの丘ホスピタル」を見学しました。「のぞみの丘ホスピタル」の概要および地域での役割等に関する説明を受けたあと、3つのグループに分かれ、①閉鎖病棟、②開放病棟、③デイケア、④生活支援関連施設(地域活動支援センター、宿泊型自立訓練施設)を見学させていただきました。

3年生たちの多くが精神科医療機関の中に入ることは初めてということで、かなり緊張しながらの見学だったと思います。しかし、見学中、大学での授業では見せない表情があったり、また真剣にメモをとっている姿もあり、『実際の現場』『臨床の場』という空間が持っている“力”を改めて感じました。

昨年度までは1ヶ所だけの見学でしたが、今年度は3ヶ所に増やすといった新たな試みをしてみました。この試みは、それぞれの医療機関の実習指導者や管理者の方々の精神保健福祉教育に対する理解があったからこそ実現することができました。また、「岐阜病院」と「のぞみの丘ホスピタル」の病棟見学では、精神保健福祉士として勤務している本学の卒業生に案内役を担っていただき、“中部学院大学”という繋がりの大きさを実感しました。3ヶ所の医療機関の関係者の皆様、ありがとうございました。

短い時間でしたが、3年生たちは大学の座学では感じることができない多くのことを学んだと思います。これからの学ぶ姿勢の変化が楽しみです。

すこやか診療所:精神保健福祉からの説明
すこやか診療所:精神保健福祉からの説明

みどり病院:検査室の説明
みどり病院:検査室の説明

岐阜病院:オリエンテーション
岐阜病院:オリエンテーション

岐阜病院:病棟見学へ向けての説明
岐阜病院:病棟見学へ向けての説明

のぞみの丘ホスピタル:見学者用資料
のぞみの丘ホスピタル:見学者用資料

のぞみの丘ホスピタル:見学後の質疑応答
のぞみの丘ホスピタル:見学後の質疑応答

ページの先頭へ戻る