人間福祉学部

卒業生を招いて実習指導(精神保健福祉コース)を行いました

2018.11.23

11月23日(金)、2名の卒業生を招き、3年生の精神保健福祉援助実習指導を行いました。お招きしたのは、2018年3月に本学を卒業し、精神科医療機関に勤務している江尻有里佳氏(聖十字病院:相談室)、藤井彩乃氏(上林記念病院:自立支援センターほっぷ)です。

授業の前半は、江尻氏、藤井氏から現在の仕事内容の説明と自らの学生時代における実習体験等を語っていただきました。
後半は、学生を2つのグループに分け、その中にお二人に入っていただき、これから医療機関実習に向けて本格的な準備を行う学生たちが気になっていること、不安に感じていることについての質疑応答をしました。

これまでの実習指導における特別講義は、実際に実習指導に携わっているベテランの精神保健福祉士をお招きしてきましたが、今回は「社会人1年目の精神保健福祉士をお招きする」という新たな試みをしてみました。どのような展開になるのか不安な部分もありましたが、2名の卒業生は仕事をする中で抱いている葛藤や学生時代に感じていた不安などを率直に語り、学生たちはその声にしっかりと耳を傾ける姿勢があり、双方にとって意義のある時間になりました。

精神保健福祉コースでは、今後も卒業生たちに協力していただき、教育の循環を積極的に図っていきたいと考えています。

江尻氏の発表の様子
江尻氏の発表

藤井氏の発表の様子
藤井氏の発表

江尻氏を交えてのグループワークの様子
江尻氏を交えてのグループワーク

藤井氏を交えてのグループワークの様子
藤井氏を交えてのグループワーク

ページの先頭へ戻る