人間福祉学部

平成30年度関市民セミナー「学生の介護を受けてみよう」講座が開催されました

2018.10.03

9月5日から本学で平成30年度関市民セミナー「めざせ!アクティブシニア」の講座が開催されています。第3回目の今回は「学生の介護を受けてみよう」がテーマです。
本学介護実習室で人間福祉学部名倉講師の指導のもと、人間福祉学部介護支援コース2年生15名と受講生の27名が介護の演習を行いました。演習内容は、「バイタルサインを測ってみよう!」、「車椅子体験」、「健康体操」でした。
実際に血圧を測る場面では、シニアの方々から素朴な疑問やご指導があり学生にとって良い体験になりました。車椅子体験ではお互いに車椅子介助を行い適切な介助方法を学びました。その後、学生主体の健康体操をしました。参加者全員、笑顔満載で音楽に合わせタオル体操をしました。 シニアの方々からは、「勉強になった。」、「実際に車椅子に乗り介護を受ける人の気持ちを知ることができた。」、「介護の学生とふれ合うことができ楽しかった。」と感想がありました。
学生からも、「実際にシニアの方のバイタル測定を行うことができてよかった」、「質問に答えられるようにもっと勉強する」「一緒に演習ができ楽しかった」「シニアの方は優しかった」と有意義な感想がありました。
学生たちに貴重な機会を与えていただいたシニアの皆様に感謝いたします。

血圧測定の様子
緊張しながら血圧を測定します

演習の様子
和気あいあいと演習をしています

車椅子移乗介助の様子
車椅子移乗介助を実践しました

車椅子体験の様子
車椅子体験

介助方法について考る様子
一緒に介助方法について考えました

タオル体操の様子
楽しくタオル体操をしました

タオル体操の様子
タオル体操

頭の体操の様子
頭の体操も行いました

飯尾先生の挨拶
飯尾先生の終わりの挨拶

ページの先頭へ戻る