人間福祉学部

本学OB岐阜県職員との座談会を開催しました

2018.1.16

1月16日、本学人間福祉学部で「2017年度 公務員就職に向けた本学OB岐阜県職員との座談会」を開催しました。当日は公務員養成プログラムを受講している2年生と、公務員に関心を持っている3年生が、本学OBである岐阜県職員3名の皆様からお話を伺いました。

3名の先輩方はいずれも岐阜県内の児童相談所や児童自立支援施設など、児童福祉行政の最先端で活躍されている方々であり、県職員や児童福祉行政の仕事のやりがい、筆記や面接、作文といった採用試験を受ける上でのポイントなどを丁寧に話していただきました。

参加した学生からは、公務員であることのメリットや、面接に関する具体的な質問などがありました。予定していた時間もあっという間に過ぎてしまうほど、充実した会となりました。

中部学院大学人間福祉学部では公務員養成プログラムを用意し、県職員や市町村職員、警察官や消防士など、公務員を目指す学生の皆さんを応援しています。

座談会全体の様子
座談会全体の様子

左から、佐久間さん、笠原さん、勅使川原さん
左から、佐久間さん、笠原さん、勅使川原さん(いずれも本学卒業生)

座談会全体の様子
学生時代の体験談も飛び出しました!

先輩方の話に聞き入る学生たち
先輩方の話に聞き入る学生たち

質問に答えるOBの様子
「大変な仕事だけど、それ以上にやりがいがあります」

 

ページの先頭へ戻る