人間福祉学部

介護支援コースの学生がJR岐阜駅前で「介護の日」のキャンペーンをしました

国は平成20年より、「11月11日」を「介護の日」と定め、介護に関する啓発を重点的に実施する日としています。本学においては、この「介護の日」に、身の回りで「介護」をしている方に感謝の言葉を添えて、バラの花を贈る活動をしています。

この「介護の日」に、JR岐阜駅前で介護支援コースの学生が介護の日の呼びかけやパンフレットの配布、バラの花を贈る活動をしました。パンフレットの中には、介護の日を広く皆さんに知っていただくためのメッセージを学生が作成し、添えました。

多くの方々に立ちどまっていただき、バラの花を受け取られた方からは、介護についての貴重な経験をお聞きすることもでき、学生にとっては大きな学びとなりました。

キャンパスブログにもたくさんの写真とともに掲載されていますのでそちらもご覧ください。

「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」

キャンペーンの様子1

キャンペーンの様子2

キャンペーンの様子3

キャンペーンの様子4

キャンペーンの様子5

キャンペーンの様子6

ページの先頭へ戻る