人間福祉学部

岐阜各務野高校の生徒と一緒に車いすテニスを体験しました

8月11日、高大連携事業の一環として、岐阜各務野高校・ボランティア活動部の生徒と本学人間福祉学科の学生が、「かかみがはら車いすテニスサークル」の協力を得て、車いすテニス選手との交流を行いました。

その車いすテニス選手の中に、「リオ2016パラリンピック競技大会」に出場する諸石光照選手もおられ、当日は多くのマスコミ関係者が取材に来られました。

学生たちは、車いすテニスを見るだけではなく、実際に車いすに乗り、車いすテニスも体験させて頂きました。

車いすテニスで交流した後、会議室で障がい者の理解を深めるため、4名の車いすテニス選手にさまざまな質問をさせて頂きました。また、質疑応答の中で、諸石選手から「金メダルを取る」という決意表明もあり、大いに盛り上がりました。

今回の企画も各務原市社会福祉協議会にご協力頂きました。ありがとうございました。

諸石選手によるデモンストレーション諸石選手によるデモンストレーション

学生による車いすテニス体験学生による車いすテニス体験

学生たちから選手への質問学生たちから選手への質問

最後に記念撮影最後に記念撮影

ページの先頭へ戻る