人間福祉学部

学部の教員全員で国家試験対策を検討

2016年7月7日(木)、夢が叶う伝説の日に人間福祉学部では教員全員による国家試験対策の充実のための勉強会を行いました。本学部では、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の福祉系国家資格取得に向け、如何に学生の指導を進めるのか、学生の皆さんの意向を踏まえて対策を練っています。
この日の勉強会には、本学看護リハビリテーション学部理学療法学科の国家試験委員のお二人の先生をゲストとしてお招きました。
協議検討したことは、「国家試験対策の全体システム」「4年間の年次・月次スケジュール」「学生の向上心やモチベーションへの働きかけ」「学生の自主性を育む指導法」「小グループ学習の方法と運営」、そして「受験に向けた教員の役割」などについてです。

勉強会の様子
勉強会の様子

講義を行う(左:福田准教授、右:三川准教授)
講義を行う
(左:福田准教授、右:三川准教授)

社会福祉士合格率(現在、41.5%)、精神保健福祉士合格率(現在、81.3%)をさらに向上させるため、学部をあげて具体的な対策を練っていきます。

ページの先頭へ戻る