人間福祉学部

精神保健福祉コースの学生が「のぞみの丘ホスピタル」を見学

6月24日、「介護概論」(担当:新井康友)の講義で、コープあいちの佐宗健二氏とコープぎふの嶋崎あつ子氏にお越し頂き、特別講義をして頂きました。

多くの学生は、「コープ」=「スーパー」や「トラックによる戸配」というイメージを持っていました。
学生たちは今回の特別講義を聞いて、生活協同組合(コープ)がすすめる福祉事業について学ぶことができました。そして、生活協同組合(コープ)は介護事業だけではなく、地域福祉のネットワークづくりなどにも取り組んでいることや、福祉を通し「食の安全・安心」から「くらしの安全・安心」へ取り組んでいることも知ることができました。

お忙しい中、ゲストスピーカーを快く引き受けて頂き、ありがとうございました。

コープあいちの佐宗健二氏
コープあいちの佐宗健二氏

コープぎふの嶋崎あつ子氏
コープぎふの嶋崎あつ子氏

聴講の様子
聴講の様子

ページの先頭へ戻る