人間福祉学部

精神保健福祉コースの学生が「のぞみの丘ホスピタル」を見学

精神保健福祉コースの教育目標の一つに、『精神保健福祉の現場をしっかりと理解する』というものを掲げています。
その一環として、2016年6月17日(金)、美濃加茂市にある「特定医療法人清仁会 のぞみの丘ホスピタル」にご協力いただき、3年生が病院見学を行いました。

見学にあたりまず、地域支援部長であり精神保健福祉士の臼井潤一郎氏から「のぞみの丘ホスピタル」のこれまでの歴史や病院の概要等の説明をしていただきました。
その後、3つのグループに分かれ、病棟(閉鎖病棟、開放病棟等)、デイケア、生活支援関連施設の見学をしました。

ほとんどの学生が精神科病院の中に入るのが初めてということで、緊張しながら見学をしていましたが、「大学での座学では味わえない精神科医療の現場の雰囲気を感じ取ろう」とする姿勢がありました。

今回の見学は、本学の卒業生であり、精神保健福祉士として勤務している4名の職員の方に引率や丁寧な案内をしていただきました。
3年生たちは、まだまだ精神保健福祉士という仕事の具体的なイメージができていない部分もありますが、今回のように卒業生たちの働く様子を見たことで、見学前よりも精神保健福祉士という専門職がより身近になったかもしれません。

精神保健福祉コースは、これからも現場の方々に協力していただき、より実践を意識した教育を展開していきます。

臼井部長からの説明
臼井部長からの説明

案内をしていただいた本学卒業生の4名
案内をしていただいた本学卒業生の4名

ページの先頭へ戻る