人間福祉学部

人間福祉学部の学び

3年次からのコース選択。自分探しをして、それぞれの分野へ…

1年次には大学で学ぶために必要となる学習スキルの習得や学部の根幹である「人間福祉」について学びながら、自分の進路についてじっくり考えます。
2年次には、3年次から始まる「コース」を選択する準備を行います。
3・4年次には自分が探究したいテーマを、2年間かけて深めていきます。

選択コース・取得資格

高等学校教員(公民)と中学校教員免許(社会)はどのコースでも履修可能です。
※ 法律の経過措置として、2018年度入学生は、国家試験未受験の場合でも、卒業後5年間は、介護福祉士の身分が保障されます。

誰かの人生を真剣に思い、自己理解も深める…
“福祉”とは何なのかを考える人間福祉学部のコアカリキュラム!

どのコースにおいても、人間福祉学部の学生なら押さえておいてほしい最も基本となるカリキュラムが、人間福祉プライマリです。
“福祉” とは、誰かの人生を思うのと同じくらい自己理解を深めていくものです。
誰かを支援することが将来の自分を支え、自分を理解することが誰かの思いを感じ取れる力となるよう、この人間福祉プライマリを通じて、学んでいってください。

人間福祉学の土台を築く科目(人間福祉プライマリ)

  • 人間福祉入門
  • 人間福祉特論
  • 人権と福祉
  • 社会福祉概論
  • ボランティア活動論
  • 人間福祉基礎演習Ⅰ、Ⅱ

公務員養成プログラム

「世の中の役に立ちたい」「人のために働きたい」。
人間福祉学部では、そんな公務員になるための想いや資質をサポートするべく「公務員養成プログラム」を開設しています。継続性ある計画のもと、一人ひとりの夢へと導きます。

Adobe Readerのダウンロードはコチラ
PDFファイルを開くにはAdobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。

3つの強み
講義、演習は
650時間以上!
適性がわかる
公務員インターンシップ!
すでに卒業生の多くで、
実績あり!
「公務員になるための講義や演習」と「大学での単位取得」が両立できる!
経済的負担も抑えた効率的な学習が可能に。
公務員の職場でインターンシップができる!
警察署、消防署、県庁、市役所など、豊富に用意!
【主な合格実績】
公安職: 警察(岐阜県、愛知県 ほか)、消防本部(瑞浪市、恵那市 ほか)

行政職: 岐阜県庁、市役所(名古屋市、大垣市、小牧市、羽島市、関市 ほか)

その他: 岐阜県総合医療センター、大垣市民病院、岐阜県高等学校、岐阜県中央子ども相談センターほか
1年次から始まる公務員対策は、4年次までに650時間以上の学習量を確保。
継続性ある計画で、学習効果を高めます。
複数の職場を経験することも可能!
自分の適性や職種とのマッチングを確認する絶好の機会です。

「スクールソーシャルワーカー」養成

不登校やいじめなど子どもが抱える問題解決にあたる専門職
スクールソーシャルワーカー(SSW)とは、福祉の知識や技能を活かして不登校やいじめなどの背景にある貧困や虐待などの問題に対して、家庭や行政、関係機関などど連携して解決を目指す専門職です。国は子どもの貧困対策としてSSWを2019年度までに1万人に増やし中学校区に配置する予定です。

ページの先頭へ戻る