人間福祉学科

コース紹介

「なりたい自分」とつながる4つの専門コース

子どもから高齢者、そしてその家族から地域の人たちの“暮らし”を支え、幸せな社会の実現をめざす“人間福祉”――。
本学部では、これらの学びを基盤に、将来の「なりたい自分」とつながる4つの専門コースを設定。れぞれのコースから、価値ある専門性を獲得し、実りある社会の実現に貢献していきます。

社会福祉コース

  • 社会福祉士資格の取得を目指し、福祉専門科目を履修します。
  • さらに高校教員免許(福祉)、スクールソーシャルワーカー等の資格を得るために、教育分野の科目履修も可能です。
  • 卒業後は病院、地域、学校等のソーシャルワーカー(※ 生活に困っている人々などを対象に、総合的な援助の提供、生活環境等を改善する専門職の総称)や教員を目指します。

目指す進路
医療・教育機関や役所、地域包括支援センター、児童相談所などで受けるさまざまな相談に対し、援助業務を行うソーシャルワーカー。

精神保健福祉コース

  • 精神保健福祉士と社会福祉士の二つの資格取得を目標とします
  • 精神医学、精神保健など、専門科目を履修します。
  • 卒業後は主に精神障がいを患った方などを対象に、社会復帰に向けた相談業務や日常生活への適応訓練などを行います。
  • 身体障害者福祉司任用資格が取得できるのはこのコースのみ。

目指す進路
精神科医療機関や地域活動支援センター、保健所などで、対象者の社会復帰に向けた相談援助や、日常生活への適応訓練などを行う。

介護支援コース

  • 介護福祉士と社会福祉士の二つの資格取得を目標とします。
  • 身体だけでなく、その人の生活にも配慮したアプローチが行えます。
  • 卒業後は身体に関わる病気や障がいを受けた人々、または高齢者等に向けて、介護サービスの提供や運営、さらには家族の方への介護指導等を行います。

目指す進路
病院や特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、障害者支援施設などで、主に日常生活の援助や指導を行うケアワーカー。

地域貢献コース

  • 福祉の視点を活かしながら、地方公務員(教員、消防・警察含む)や企業など、地域の発展に貢献する人材を目指します。(社会福祉士の資格取得を目指すことも可能)
  • インターンシップやボランティア活動など、様々な体験が自己の成長を促します。

目指す進路
公務員や社会福祉協議会、NPO、企業など幅広い分野で、福祉の視点を生かし、地域の発展に貢献する。

ページの先頭へ戻る