留学生別科

日本の行事「七夕飾り」に挑戦しました

2019.06.28

6月28日(金)、留学生別科の学生は「日本の社会I」の授業で、七夕飾りや短冊作りに挑戦しました。七夕は古くから行われている日本のお祭りです。
色とりどりの短冊に願い事を書いて吊るしますが、先生からは「『・・・のように』の前に使える動詞は「可能動詞」でしたね。今日は丁寧形で書きましょう」と書き方の説明を受けました。
ある学生は、母国にいる両親を想い、「大好きな家族は幸せになれますように」と心を込めて書いていました。
また、「日本語が上手に話せますように」「日本語能力試験に合格しますように」と真剣に願いを込めていました。

七夕飾りを持つ留学生1

七夕飾りを持つ留学生2

初めて作る七夕飾りでしたが、みんな手先も器用で上手に作れました。願い事を書いた短冊や飾りを食堂入り口に設置された笹に飾りました。

みんなの願いがどうぞ叶いますように・・・

留学生別科では、日本語の勉強だけではなく、こうした日本の文化や伝統を体験し、日本での生活習慣を理解しています。

七夕飾りと留学生

ページの先頭へ戻る