リハビリテーション学部

3つのポリシー

アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

リハビリテーション学部

理学療法学科
理学療法における諸問題に対応できる理論と技術について教授、研究し、幅広い教養及び深い専門的知識、技術を習得した医療技術者の養成をすることを目的とする。(学則第3条に規定する教育研究上の目的)

アドミッションポリシー

  1. 人を人として尊重し、協調性及び倫理観のある人。
  2. 様々な臨床での活躍を目指し、初志貫徹する強い忍耐力と高い志を持った人。
  3. 知識や技能を常に研き、吸収しようとする向上心のある人。

カリキュラムポリシー

  1. 1年次では、社会人としての一般教養ならびに医療職としての「知」の基礎と「心」の基礎を学ぶ。特に理学療法や福祉の基礎、他者との関わり方を学ぶことにより、「人を知る」ことに重きをおき、相手を思いやる心と患者を人として捉える倫理観を養う。
  2. 2年次では、理学療法を実践するための基礎となる知識、技術を学ぶ。伴わせて 理学療法の対象となる各種関連医療学について医学的立場より学ぶ。
  3. 3年次では、各理学療法の専門分野の実践的知識ならびに技術についてトータルに学ぶ。加えて対象を「人」として捉えた時、各専門分野との関連性について学ぶ。
  4. 4年次では、社会の中での「理学療法士」を、臨床実習を通して体験的に理解、また卒業研究を通して、科学としての理学療法学を高めていくプロセスを学ぶ。職能としての理学療法技術の充実を図る。

ディプロマポリシー

  1. 卒業後、理学療法士として活躍するために必要な基礎的知識、技術を有し患者にも自らにも安全かつ適切に理学療法が実施可能である。また、人を尊重し、他者との協調性、及び倫理観を持ち、責任ある行動をとることができる。
  2. 医療ならびに福祉分野で活躍する理学療法士として対象者の身体的、心理的、社会的な状態を適切に把握し、妥当な理学療法技術の適応を示すことができる。
  3. 医療の進歩ならびに社会のニーズの変化に対応するために、生涯にわたり自己研鑽を継続することができる。

ページの先頭へ戻る