リハビリテーション学部

学びのフロー

1年次:人と暮らしを知る

理学療法や福祉の基礎、他者とのかかわり方を学ぶことにより、「人を知る」ことにつとめ、相手を思いやる心と基本的人格を養います。

理学療法の基礎を学びつつ、社会人として、チーム医療の一員として必要な人間性を養います。

リハビリテーションや理学療法そして福祉の基礎、人間の発達や身体の仕組み、そしてコミュニケーションなど他者とのかかわり方の学習を行います。それらを通して「人を知る」ことにより、社会人として、そしてチーム医療の一員として必要な相手を思いやる心と基本的人格を養います。加えて福祉機器入門を通して暮らしを考える力を養います。

フローチャート 1年次

2年次:医学・障害を知る

年齢や症状はもちろん、個々人の暮らしにあった体の動かし方を指導することの重要性を、知識の修得と実習を通じて理解します。

医療学の基礎知識を学び、個々人の暮らしを考える力を養います。

内科系、整形外科系、小児医学系、老年医学系、さらにスポーツ医学、リハビリテーション医学などの医療学において広範囲に病気や障害の成り立ちや回復過程、それらの評価方法に関して学び、「医学・障害を知る」ことを学びます。地域リハビリテーションの講義では、個々人が住み慣れた地域の暮らしの中で病気や障害に対するリハビリテーションについて学び、暮らしと様々な病気や障害について考える力を養います。

フローチャート 2年次

3年次:理学療法を知る

病院でのリハビリは急性期、回復期、そして維持期に分かれています。すべての分野で各々適切な運動療法や物理療法を指導するための知識・技能を学びます。

理学療法士として必要不可欠な知識と技術を身につけます。

各専門領域についての相互理解と「理学療法」の本質(面白さ)に触れていきます。脳卒中など中枢疾患、骨関節疾患、呼吸循環器疾患、小児発達系疾患、老人生活障害、スポーツ障害などに対する治療学や、その治療手段に不可欠な物理療法学、日常生活活動学、義肢装具学などを学びます。

フローチャート 3年次

4年次:理学療法士を知る

社会の中での「理学療法士」を体験的に理解します。国家試験対策にも力を入れ、理学療法士としての第一歩を踏み出すための直前の備えを行います。

これまでに学んだ学問を、人に対して融合させていくプロセスを学びます。

長期の総合実習にて、学問としての理学療法学と医療としての理学療法の融合を図り、社会の中の理学療法士を知ります。学問に人を合わせるのではなく、人に学問を照らし合わせるプロセスを通じ、学生ではあるけれども「理学療法士」の醍醐味を感じるはずです。また、実習で見出された課題や疑問は、理学療法研究(卒業研究)を通して深く掘り下げます。国家試験の対策も計画的に進め100% の合格を目指します。

フローチャート 4年次

実習のステップ

  理学療法士資格取得のための実習
1年次 臨床体験見学実習(見学実習)
(1年次/8月/2日間)
医療機関での見学実習(1日)
保健・福祉施設などでの見学実習(1日)
2年次 臨床体験見学実習(体験見学実習)
(2年次/8月/1泊2日及び1週間)
福祉施設での宿泊見学実習(1泊2日)
医療機関・保健・福祉施設での体験見学実習(1週間)
3年次 臨床評価実習
(3年次/2月~3月/2週間)
医療機関での臨床評価実習(2週間)
4年次 総合臨床実習I
(4年次/5月~6月/7週間)
医療機関での総合臨床実習(7週間)
総合臨床実習II
(4年次/7月~8月/7週間)
医療機関での総合臨床実習(7週間)

ページの先頭へ戻る