看護リハビリテーション学部 理学療法学科

「第27回岐阜県理学療法学会」で中部学院大学出身理学療法士が活躍

看護リハビリテーション学部理学療法学科は、2007年度に開設し今年度7期生を送り出しました。

3月19日に大垣市情報工房で開催された第27回岐阜県理学療法学会「リハビリテーションの可能性を探る」では、11名の卒業生による研究発表・症例報告がありました。

48演題中24演題は中部学院大学出身者が関わり、29名が本学会にて演題報告していました。

教育講演「リハビリテーションにおける超音波診断技術の有用性」は、本学科顧問の林典雄先生が講師を務めました。

一般演題「運動器」セッションの座長は笠野由布子助教、同「神経・生活環境支援・教育」セッションの座長は千鳥司浩教授が務めました。

第27回岐阜県理学療法学会学会誌
第27回岐阜県理学療法学会学会誌

開会式
開会式

初めての演題発表で緊張しながら最終チェックするOG
初めての演題発表で緊張しながら最終チェックするOG

若者のノルディック・ウォーキングにおけるポール操作が歩容に与える影響~歩幅・歩行率に注目して~(フェニックス総合クリニック 山藤春菜さん 2015年卒)
若者のノルディック・ウォーキングにおけるポール操作が歩容に与える影響~歩幅・歩行率に注目して~(フェニックス総合クリニック 山藤春菜さん 2015年卒)

若者のノルディック・ウォーキングにおけるポールの役割が歩行に与える影響~ポールの重さと使用方法に着目して~(山内ホスピタル 松尾知奈美さん 2015年卒)
若者のノルディック・ウォーキングにおけるポールの役割が歩行に与える影響~ポールの重さと使用方法に着目して~(山内ホスピタル 松尾知奈美さん 2015年卒)

簡易式床反力計測・解析技術(GFスキャン)を使用したバランス測定会測定結果の傾向(山内ホスピタル 坂下拳人君 2013年卒)
簡易式床反力計測・解析技術(GFスキャン)を使用したバランス測定会測定結果の傾向(山内ホスピタル 坂下拳人君 2013年卒)

郊外型商業施設におけるロコモ調査報告(中濃厚生病院 藤本幹司君 2014年卒)
郊外型商業施設におけるロコモ調査報告(中濃厚生病院 藤本幹司君 2014年卒)

起立性調節障害に対して加圧トレーニングを行った一症例(河合外科・整形外科 白子眞紀人君 2013年卒)
起立性調節障害に対して加圧トレーニングを行った一症例(河合外科・整形外科 白子眞紀人君 2013年卒)

右アテローム血栓性脳梗塞にて左上下肢に重度運動麻痺を呈した一症例~予後予測に注目して~(大垣徳洲会病院 池田絵美さん 2014年卒)
右アテローム血栓性脳梗塞にて左上下肢に重度運動麻痺を呈した一症例~予後予測に注目して~(大垣徳洲会病院 池田絵美さん 2014年卒)

教育講演「リハビリテーションにおける超音波診断技術の有用性」(理学療法学科顧問 林 典雄先生)
教育講演「リハビリテーションにおける超音波診断技術の有用性」(理学療法学科顧問 林 典雄先生)

一般演題「神経・生活環境支援・教育」セッション(座長 千鳥司浩教授)
一般演題「神経・生活環境支援・教育」セッション(座長 千鳥司浩教授)

学会発表を終了した充実感から笑顔になります
学会発表を終了した充実感から笑顔になります

ページの先頭へ戻る