リハビリテーション学部

高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン救護ボランティア活動に参加しました

2019.04.28

4月28日(日)さわやかな晴天のもと、看護学科2年生が、第9回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンの救護ボランティア活動に参加しました。1週間前にBLS講習にて緊急時対応を修得した学生たち。緊張しながらもランナーの安全な完走を祈り応援しました。

中部学院大学看護リハビリテーション学部看護学科の担当は、スタートから10キロから18キロ地点。看護師、消防士とチームを組んで救護班として、ランナーの安全と、健康を見守りました。

ランナーにおおきなトラブルもなく、安堵して活動を終えた学生たち、ランナー健康管理に関する看護役割を学ばせていただく貴重な機会となりました。

JR岐阜駅から出発の様子
JR岐阜駅から出発です

ぎふ清流ハーフマラソンののぼり旗

長良川グランドホテル前救護所の様子
長良川グランドホテル前救護所の様子

話を聞く学生たち

AED動作確認をする学生の様子
AED動作確認など真剣に打ち合わせ中

活動地点に向かう学生たち

ランナーの様子

ボランティアに参加する学生の様子

ページの先頭へ戻る