リハビリテーション学部

看護学科2年生が一次救命処置(BLS)講習を受講しました

2019.04.20

4月20日に看護学科2年生がBLS講習を受講しました。

4月28日に行われる"高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン"において救護ボランティア活動を行う学生たちは、マラソンランナーに体調の異変が起こった場合の対処方法についての講義を聞き、胸骨圧迫法やAEDの使い方などの実技について学びました。
臨床の場で働く医師や看護師、救命救急士からの指導によって、学生は大きな学びを得ることができました。

医師の講義を聞く学生の様子
「マラソン中のランナーの体調はどうなるの?」医師からの講義を聞きました。

AEDを装着する学生の様子
看護師の指導のもとで、モデル人形を用いてAEDを装着しました。

ページの先頭へ戻る