リハビリテーション学部

2019年度 第4回 戴灯式を挙行いたしました

2019.04.24

2019年4月24日、2019年度 第4回 戴灯式を挙行いたしました。

本学看護学科では、3年生での本格的な実習に向かう前に、看護専門職となる自らの意志を確かなものとする機会として戴灯式を行っています。

学生は、パイプオルガンの音色が響くグレースホールで、ナイチンゲールからろうそくの灯とともにその精神も受け継ぎ、ナイチンゲール誓詞により誓いをたてました。
戴灯式委員の学生を中心として、看護学科3年生の全員のチームワークにより感動的な式典となりました。

戴灯式の様子
ナイチンゲールの灯を学生全員が受け継ぎました

学生の様子
学生の決意を感じる凛とした立ち姿です

グレースホール上部からの様子
“グレースホールのステンドグラスからの光”と“ろうそくの灯”で美しく幻想的な光景でした

ナイチンゲール誓詞
ナイチンゲール誓詞を全員で心を合わせて唱えました

ページの先頭へ戻る