リハビリテーション学部

看護学科3年生 関市被災地(関市富野坊地)高齢者サロンを開催しました

2018.8.18

平成30年7月豪雨により被災された関市富野坊地地区で、高齢者サロンを開催しました。
近隣地域の20名の高齢者(60歳代から90歳代まで)に出席していただきました。

看護学科3年生6名と人間福祉学科2年生1名のグループで、「脱水」の健康チェックや、ストレスチェック、水戸黄門体操や、足湯、コグニサイズなどを行いました。
また、被災時の様子や、困ったことなどもお話していただきました。
サロン終了後は、被災された道路や、建物を被災された方に、案内していただき、被災の現状を知ることができました。

高齢者サロンを行った学生
高齢者サロンを行った学生です

脱水症について説明する学生
脱水症について説明しています

水戸黄門体操の様子
水戸黄門体操をしています

コグニサイズの様子
スポーツ健康科学部の後藤講師によるコグニサイズを学生も一緒に行います

ページの先頭へ戻る