リハビリテーション学部

「岐阜県におけるメンタルヘルス対策」について岐阜県で働く保健師さんに講演をしていただきました

9月29日、看護リハビリテーション学部 看護学科の1年生の合同ゼミ(林・木村・野田)において、岐阜県で働く保健師さんのお話を直接聴く機会を設けました。

講演の様子

今回の講演で、学生達は自分たちの身近な地域におけるメンタルヘルスの現状と対策について、深く考える機会になったと思います。

学生の立場でできるメンタルヘルスサポートとして、ゲートキーパー()についても学ぶことができました。

看護学部1年生ではありますが、すでに将来、保健師を目指す学生もいるので、実際の現場で働く保健師さんと関わる機会はとても貴重な時間になったのではと思います。

自殺予防について理解し、自殺の危険を示すサインに気づき、必要なサインにつなげ見守る人

ページの先頭へ戻る