経営学部

「2016年度 経営学部 卒業研究発表会」を行いました

12月13日(水)の午後1時30分から、各務原キャンパスの2107・2108教室に分かれて、「2016年度経営学部卒業研究発表会」を行いました。

膨大な本文をプレゼンテーション用にまとめ、パワーポイントを活用して、1人7分の発表と3分の質疑応答の時間を設けました。
この発表会には3年次生も参加しており、今回の発表を先行研究として、来年度に続けていく人が現れることの期待が込められています。

卒業研究のテーマはさまざまですが、プロ野球の経営などの分析、道の駅の現状と課題及び地域振興、コンビニとスーパーの比較研究、人民元の為替変動の研究、金融革新と金融業に関するもの、車社会の現状と将来、そして歌舞伎を中心とする日本の伝統芸能の現状と課題など、専門演習を契機として取り組んできた、それぞれの経営学の総決算でした。

3年次生や教員からの質問やアドバイスも多く、座長を務めていただ各ゼミ担当の先生方のお骨折りもあって、拍手の中、両会場とも予定の4時30分に終了しました。
研究の成果は、1月に発刊される予定です。

2016年度 経営学部 卒業研究発表会(1)

2016年度 経営学部 卒業研究発表会(2)

2016年度 経営学部 卒業研究発表会(3)

ページの先頭へ戻る