経営学部

柿島ゼミで「スポーツボランティア実習」を実施しました

6月4日に行われたサッカーJ2リーグ、FC岐阜ホームゲームに経営学部柿島ゼミが「スポーツボランティア」として参加しました。

今回のスポーツボランティアは担架スタッフです。
主な役割は選手同士が怪我をしたときに、ピッチから担架で運び出すことですが、その他に審判にドリンクを渡したり、選手入場の誘導なども行います。

スタジアムの様子

担架の運び方やピッチへの入り方などの事前講習を受けます。
担架にはスポンサー広告が掲載されており、広告が観客席に見えるようにピッチに入ることが大切です。

試合が始まると担架スタッフはベンチサイドで待機します。
ピッチに最も近い位置で待機しているので、テレビでは聞こえてこない戦術の指示や、選手同士のやりとりが間近で聞こえてきます。

プロスポーツ興行はスポーツボランティア無しには運営できません。
スポーツボランティアの果たす役割を体験する機会となりました。

事前講習の様子
事前講習の様子

試合中の様子
試合中の様子

ページの先頭へ戻る