教育学部

地域の幼稚園で保育実践をしました~週の指導計画作成と振り返り~

2019.11.28

Learning from the Practical Experience

中部学院大学子ども教育学科では、地域の教育・保育施設に出かけ、そこで教育/保育実践を積み重ねていくプログラムをふんだんに用意しています。3年生の保育内容演習IIB(人間関係)の授業の一環として、11月5日、14日に各務原キャンパスの近くにある那加幼稚園に伺い、子ども達の活動を見させていただきました。その具体的な姿(実態)を基礎資料として週案作成に取り組みました。その後、11月28日には週の一日の保育を実際にさせていただきました。12月には、一連の活動の流れをPPにまとめその振り返りを発表し、4年生に向け、保育実践の質を高めていこうと思います。

この活動を通して、学生は、改めて実際の子どもの姿から実態を読み取ることの難しさを感じたようです。しかし、真剣に子どもの姿をエピソードにして考察することで、各年齢の発達的特徴を新たに発見する機会になり、今回は週案の1日だけを取り上げた活動でしたが「一週間通して継続して活動をしたい」という前向きな意識も生まれました。

保育実践の様子1

保育実践の様子2

保育実践の様子3

保育実践の様子4

保育実践の様子5

保育実践の様子6

ページの先頭へ戻る