教育学部

高山市新宮地区学童保育「ふなっこクラブ」

2019.08.23

Volunteering in Takayama City

8月23日(金) 中部学院大学教育学部と岐阜大学教育学部の学生14名が、高山市立新宮小学校の学童クラブ「ふなっこクラブ」の交流事業に参加しました。この事業は、一般財団法人 飛騨高山大学連携センターを通じて教育学部に依頼があり実現しました。

この日は、岐阜県全域で大雨警報が朝から出ている中、なんと子どもたちとの交流会が始まると、雨もやみ高山市だけが快晴となりました。子どもたちの元気な声が天にも届いたのかもしれません。
大学生のお兄さん・お姉さんと仲良く交流したり、ゲーム等をしたりしながら楽しい時間を過ごしました。ふなっこクラブの先生、新宮小学校の先生の事前の準備とご配慮のおかげで、大学生たちはのびのびと子どもたちと関わることができました。本当にありがとうございました。

ある学生は、9月から小学校での教育実習に出る前にこの交流会に参加できたことにより、小学生の子どもたちとどのように関わり、どういったことに配慮すべきかが少し分かって良かった、と感想を言っていました。今後もこのような地域に根ざした活動を通して、将来、先生として子どもたちの前に立つことを夢見る学生が子どもに対する「確かな見方・考え方」を身につけていくことを期待しています。

ふなっこクラブの先生、高山市立新宮小学校の先生、本当にありがとうございました。

全員で記念撮影

お花を浮かべたプール

プールに浮かぶお花を楽しむ子どもたち

自作のお花をプールに浮かべて楽しむ子どもたち
プールに水を張り、その上にかわいいお花を浮かべました。たくさんの花が咲きました。

オリエンテーリングに出発
各グループで、校内オリエンテーリングに出発!!さて、どこに問題が隠されているかな?

問題を解く子どもたち
隠されていた問題を探して、みんなで知恵を出し合いながら解答しています。

笑顔の子どもたち
みんないい笑顔ですね。夏休み中の校舎内を探検できて楽しそう!!

ハイ・チーズ!記念撮影
元気いっぱいの子どもたち。学生も楽しいそうですね。ハイ・チーズ!!

ページの先頭へ戻る