教育学部

各務原国際協会(KIA)とのコラボ企画 第4・5回ワークショップ

2019.08.01

2019 The Second Workshop with KIA!!

2019年度より教育学部の新井ゼミ(専門演習I)では、各務原国際協会(愛称:KIA)のご厚意により、「多文化共生」イベントを共同企画することになりました。

7月11日(木)は、各務原市産業文化センターにて第4回、8月1日(木)には、各務原キャンパスにて第5回のワークショップを行いました。今回のワークショップでは、次のことを話し合いました。

  1. 持ち物等の確認とチラシの作成手順の確認
  2. Missionの内容とバランス、担当者等について
  3. チラシや広報の内容について

各務原国際協会さんとの話し合いは、これで5回目となりました。
学生たちも徐々にイメージが固まってきています。子どもたちの動きをイメージしながら、抜け落ちていることはないか、準備することはこれでよいか、と詳細なところまで考えられるようになっています。今後はさらに、具体的な準備内容、配慮事項等を確認・決定していきます。

話し合いの様子
各務原国際協会の方々との話し合いも和やかに進みます。ここはどうですか?等話し合いが弾みます。

企画を考える学生の様子
子どもたちの動きをイメージしながら、細かな点まで配慮しながら企画をしていきます。

話し合う学生たち
様々な人の考えをもとに1つのことを作り上げていく楽しさ、喜び、その反面、難しさ、大変さも実感しています。

企画しながら笑顔の学生
今回の企画テーマ「文化を超えて、言葉を超えてわくわく・ドキドキ体験で Happyに!!」学生も企画しながら、わくわくした気持ちになっています。

ページの先頭へ戻る