教育学部

「GIFU ワークショップ ギャザリングVol.4」で造形ブースを開きました

2019.02.24

Everyone! Get Together & Expand Your Imagination!!

2月24日(日)、岐阜県美術館が主催し、県内外の文化施設や大学が様々なワークショップを展開する「GIFUワークショップギャザリングVol.4」において、子ども教育学科3年八桁ゼミの学生8名が造形ブースを開きました。

ブースは、「子どももおとなもいっしょにつくろう!あそぼう!ゲイジュツ祭」というテーマで屋台形式のミニブースをいくつか設け、来場者にさまざまな造形あそびを体験してもらいました。

共同出展の名古屋女子大学 堀ゼミの学生と協力しながらワークショップを運営し、来場した多くの子どもたちと一緒に表現することの楽しさを味わうことができました。

バルーンゲート
水野先生にお手伝い頂きながら、手造りバルーンゲートで子どもたちをお出迎え

輪投げの様子
はじめに輪投げにチャレンジしてもらい、どのミニブースに行くかを決めます

いろぬりストーンのミニブース
「いろぬりストーン」のミニブースでは、絵の具で石に着彩していきます

石をみつめる子どもと学生の様子
選んだ石が何に見えるか、じっくりと想像を巡らしています

マーブリング体験ミニブース
自由な形に切り取った画用紙を浸して、マーブリングを体験するミニブースです

マーブリングを体験する子どもの様子
水にマーブリング絵の具を垂らし、それを写し取ることで不思議な模様が表れます

オリジナルしおりを作る子ども
最後に、穴をあけてリボンを通したら、オリジナルしおりの出来上がりです

会場の様子
終日、大勢の子どもたちで賑わい、文字通りゲイジュツのお祭りとなりました

ページの先頭へ戻る