教育学部

学びの森保育プランの1年生開講科目「保育現場参観」で幼稚園・保育所の体験学習をしました

2018.12.10

Authentic Experience, Valuable Feedback

2018年度入学生から始まった学びの森保育プラン。このプランは入学後4年間にわたって、保育所/幼稚園教諭になるために必要な力を着実に身につけてもらうために、保育技術や保育の表現方法、幼児の理解を深めること等を軸に組み立てられているものです。1年生ではそのプランの一つ「保育現場参観」があります。保育現場参観では、実際に保育現場に出向き、子ども達と共に生活 し、そこで感じたことを記録します。その記録をもとに話し合いをしながら、子どもという存在について、子どもとどのように関係を築くか、先生方の子どもへ関わりからの学び等、様々なことを学んでいきます。

現場参観は11月下旬には附属幼稚園/附属保育園に、12月上旬には各務原キャンパス近隣の幼稚園/保育所に行きました。学生達は今までの学習の中で築いてきた子どもや保育に対するイメージと実際の姿をつなぎながら、いろいろな学びを得ていきました。

保育現場参観の様子1

保育現場参観の様子2

保育現場参観の様子3

保育現場参観の様子4

保育現場参観の様子5

保育現場参観の様子6

保育現場参観の様子7

保育現場参観の様子8

保育現場参観の様子9

保育現場参観の様子10

保育現場参観の様子11

保育現場参観の様子12

ページの先頭へ戻る