教育学部

各務原市立那加中央保育所で参与観察をしました

2018.11.08

"Practical Learning" is absolutely "Active Learning"

子ども教育学科3年生が保育内容(人間関係)の授業を利用し、11月8日に参与観察をさせてもらいました。朝8時30分から保育園での生活の一コマに参加させていただき、子どもたちの実態に触れました。大学にもどり、自分たちが収集した子どもの実態のエピソードを分析・整理します。そこで読み取られた内容が妥当であるかどうかを、11月15日に再度保育園を訪れ、検証することにしています。そして捉えた実態を基に週案を立案することが今回の目的です。12月初旬には実際にその週案を基に保育をさせてもらい、再び振り返りをおこなうことにしています。このように教育学部では、アクティブラーニングを重視しながら、保育の実践力を高める工夫がどの授業にも組み込まれています。

学生たちの様子

園児と学生の様子1

園児と学生の様子2

園児と学生の様子3

園児と学生の様子4

園児と学生の様子5

ページの先頭へ戻る