教育学部

保育実践体験「野菜を育てよう」を行いました

2018.10.26

Let’s enjoy growing vegetables in a campus field !
Grow Faster, Grow Bigger !!

10月18日(木)、10月26日(金)の保育内容演習ⅢB(環境)の授業において、3年生が冬野菜の栽培に取り組みました。自分たちで冬季に育てることができる野菜を調べ、どのような「目的」で育てるのか、そして、それぞれの野菜によって異なる「育て方」を調べ実習に臨みました。
今期は、ほうれん草・カブ・大根・白菜・ゴボウ・ルッコラ・ブロッコリーを育てていきます。

まず始めに、石や草を取り除き、「耕運」と呼ばれる土に酸素や肥料とを混ぜる作業を行いました。野菜にとってフカフカのベッドを作るイメージで、一人一人が鍬や備中を使って作業しました。そして、畝を作り、グループごとに自分が育てる野菜に必要な材料を用い、種や苗の植え方に注意して植え付けを行いました。

幼稚園や保育所、小学校生活科では野菜の栽培をする単元があります。しかし、実際は使われない畑が放置されていたり、植えただけで放置されたりする現状が多いようです。今回の実習が、野菜の栽培の行い方・環境構成の仕方の理解だけでなく、子どもにとってどのような気付きや成長に繋がるかを知るきっかけになればと思います。

あくまで16 回の授業のうちの1コマですが、すでに授業外の時間に、「先生、芽が出たよ!」「看板を作ってみたよ!!」と自分から野菜に関わる姿が見られています。きっと学生達は、一生懸命に世話をした「野菜の成長」を実感しながら、「自分自身の成長」も実感するはずです。

半期後の、野菜と学生達の豊かな成長が楽しみです。

石や草を取り除く様子
願いを込めて、石や草を丁寧に取り除いていきます。

土を耕す様子
野菜のために、フカフカのベッドをイメージして力を込めます!

植え付けの様子
白菜の苗がきれいに並びました。とうとう植え付けです!

学生たちが開墾した小さな畑
空いているスペースに、小さな畑を開墾した学生たち。石で囲ってあるところが目印です!

種を撒く様子
こちらのグループは種です。しっかりと芽が出るでしょうか?

ネットを張る様子
寒さ対策・害虫対策で、自分たちでネット張りをしています!

藁を敷く様子
こちらのグループは、藁で寒さ対策を行っています。どれも自分たちのアイデアです!

看板「かぶのすけ」
願いが詰まった素敵な看板も出来上がりました!「かぶのすけ」です!

ルッコラの看板
ルッコラにも、カラフルな看板が! どんな芽が出るのでしょうか!?

みんなで記念撮影
美味しい野菜が育ちますように。目標はみんなで鍋パーティーです。

ページの先頭へ戻る