子ども学部

3つのポリシー

アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

子ども学部

子ども学科
教育学及び保育学を基礎に幼児及び児童における今日的諸問題に対応できる理論と技術について教授、研究し、幅広い教養及び深い専門的知識を基盤に教育、保育界に貢献し得る人材を養成することを目的とする。(学則第3条に規定する教育研究上の目的)

アドミッションポリシー

  1. 自らを律しつつ,他人と協調し,他者を思いやる心情や感動する心など、豊かな人間性と表現力を発揮できる人。
  2. 他者、社会、自然・環境に関心を持ってかかわる中で、自ら課題を見つけて学ぶとともに,自分で考え,主体的に判断して責任ある行動を取ることができる意欲的な人。
  3. 基礎的・基本的な知識・技能とともに、健やかな身体や生活習慣が培われており、それらの資質・能力を社会の発展や子どものしあわせに寄与する態度へと高めていける人。

カリキュラムポリシー

  1. 1年次では、保育学や教育学、社会福祉学などによって構成された本学「子ども学」の基幹科目を学ぶことで、学究の基礎となる「話す・聞く力」「読む力」「書く力」「調べる力」を身につけ、探求する力や表現する力を育成する。
  2. 2年次では、「子ども学」の専門基礎領域を理論的に深め、幅広い教養と実践力の基本を育成する。
  3. 3年次では、保育、教育、福祉の現場における援助・支援、環境づくりなどに関する専門的知識や技術を学び、実践方法や技能を育成する。
  4. 4年次では、保育、教育、福祉を取り巻く社会情勢や環境、子どもの育ちにおける諸課題を踏まえ「子ども学」をさまざまな現場で幅広く生かす力を育てる。

ディプロマポリシー

  1. 学士にふさわしい教養を身につけ、保育、教育、福祉の専門的知識と技術を修得した人。
  2. めまぐるしく変化する社会状況に応じ、保育、教育、子育て支援、福祉の場において、子ども・保護者・利用者に寄り添いながら適切な支援を実行できる資質と力量を持った人。
  3. 自己実現に努め、社会に貢献し得るキャリアを志向する人。

ページの先頭へ戻る