3つのポリシー

3つのポリシー

人間福祉学部 人間福祉学科

社会福祉における諸問題に対応できる理論と技術について教授、研究し、幅広い教養、深い専門的知識を基盤に福祉社会に貢献し得る人材養成及び生涯学習機会を提供することを目的とする。(通信教育部規定第3条に規定する教育研究上の目的)

ディプロマポリシー

  1. 深い探求心を持ち、福祉に対して主体的な学習ができる。学習を通して専門的知識を修得し、それを生かせる高い実践力を有している。
  2. 本通信教育における体系的な学習を通して、人間理解・自己実現を出発点として人間の福祉や教育と社会形成のあり方を実践的に身につける。
  3. すべての人々がともに生きる社会の実現をめざし、実践的で専門的な知識と技術を習得する。

カリキュラムポリシー

  1. 全人的理解の基礎を築くことを目指し、人間理解、自己実現・自己表現、専門基礎科学の各科目群からなる基礎教育系科目と専門基幹、専門、実践・統合からなる専門教育系科目を設置している。これらを通して各専門領域を超えて問題を探求する姿勢を育成する。
  2. 建学の精神の具現化のため、学生の主体的な力を養える少人数の参加型・演習授業を重視し、通信教育課程であっても「顔の見える教育」の実践を図る。
  3. 多様な能力と幅広い社会経験を踏まえて、自ら問題解決に取り組むために自由に履修科目や履修形態を選択し、単位制学費制度に基づいて主体的にフレキシブルな学習計画が立てられるように科目や履修制度を設置する。

アドミッションポリシー

  1. すべての人々がともに生きる社会の実現をめざし、実践的で専門的な知識と技術の習得を目指す人。
  2. 社会と人間性の係わりを福祉の視点から捉え、地域と社会の問題解決に主体的に取り組んでいきたいと考える人。
  3. 多様な能力と幅広い社会経験を踏まえて、個性豊かに創造性を発揮して、自ら問題解決に取り組んでいける人。
  4. 人を理解するために必要な探求心を持ち、人間の福祉や教育と社会形成のあり方に実践的な関心を持つ人。