新着情報

暴風・大雪警報の発令に伴う授業等の対応について

休講などの措置については、規程に従った対応を原則としますので、学生便覧(キャンパスライフ)および履修要項で確認して下さい。警報による休講については以下のとおりです。

なお、「警報」よりも上のレベルとなる「特別警報」が発令された場合も、休講の措置については下記のとおり警報と同様に扱います。

また、気象状況や交通状況によっては規程以外の対応とする場合もあります。
大学HP、中部学院ポータルにより情報を発信しますので、気象情報とともに最新の情報を随時確認して下さい。

警報による休講

暴風警報又は大雪警報が岐阜・西濃・中濃の全域に発令された場合。
(岐阜のみ、中濃のみといった場合では休講対象外です)

暴風警報・大雪警報 授業の対応 スクールバス
午前6時に警報が出ている場合 第1・2限休講 午前中の便は運休
午前10時迄に警報が解除された場合 第3限より授業 3限用バスから運行※
午前10時過ぎても継続中の場合 すべて休講 すべて運休

※詳しくは、学生便覧(キャンパスライフ)を確認して下さい。

緊急時の対応

公共交通機関やスクールバスの遅延などにより、急きょ授業開始時刻変更するなど、規程外の措置を取る場合があります。
必要に応じて、「中部学院ポータル」トップページにて案内します。

ページの先頭へ戻る