新着情報

教育実習の受け入れで本巣郡北方町と協定

2020.11.25

中部学院大学と北方町は、教育実習や学校インターンシップの受け入れ、北方町の教職員への資質向上研修について連携協定を締結しました。

11月25日(水)、北方町庁舎において、協定締結式を執り行い、本学からは、古田善伯学長、教育学部の友田靖雄特任教授が出席しました。締結式で、古田学長は「北方町学園構想、児童へのタブレット配布と英語のデジタル教科書の導入など教育環境が素晴らしい。県内の住みここちランキングで2年連続一位に輝いた理由に納得ができる。本学では教育実習に参加する学生が増えているので、受け入れをよろしくお願いします」、友田特任教授は、「北方町では英語教育に力を入れておられ、義務教育学校化も進めておられる。本学の学生にとり、小中をつなぐ英語指導を学ぶ貴重な機会となる。」と語りました。戸部哲哉北方町長は、「教育実習の受け入れには是非協力していきたい。教員の資質向上のため、研修へのご協力をお願いしたい。」と双方の教育成果に期待を寄せました。

戸部哲哉北方町長(左)と中部学院大学の古田善伯学長(右)
協定書を手にする北方町の戸部哲哉町長(左)と中部学院大学の古田善伯学長(右)

ページの先頭へ戻る