新着情報

学生に給付金や食料品を提供

2020.07.09

新型コロナウイルス感染症の影響により、日常生活が困難となる学生に対して、本学と親交の深い特定非営利活動法人イエロー・エンジェル(代表理事 宗次德二氏)のご厚意で、イエロー・エンジェル「緊急生活支援給付奨学金」の給付ならびに食料品の提供を実施しました。

本学はこれまで、同団体の支援で、中部学院大学イエロー・エンジェル奨学金制度を導入し、学生の夢の実現を支援してきました。
今回の奨学金は、下宿生で、アルバイト収入が2分の1以上に減少した本学の学生を対象に、留学生を含む100人に一律25,000円を給付しました。

また、食料品は、インスタントラーメンをはじめ、レトルト食品や缶詰などが約1000食分、菓子類が約500袋(小分けした場合)、飲料水約900本がイエロー・エンジェルを通じて、宗次氏から寄せられました。下宿生ら約700人(留学生を含む)を対象に食料品・飲み物・菓子をセットにして配布しました。

宗次氏は「お役に立つことができて、大変うれしく思います。コロナ禍で思うようにいかないこともあると思いますが、一つ一つの経験が大きく成長させてくれます。前向きに捉え、目標や夢を失わず、これからも歩んでいってほしい」と学生にエールを送っていました。

集合写真

食料を手にする留学生

留学生に食料を手渡す宗次德二氏

ページの先頭へ戻る