新着情報

第19回介護福祉セミナーを開催します

2020.02.26
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、本イベントは中止します。


テーマ「地域と繋がる福祉施設や専門職」

地域の社会福祉施設は、地域課題の解決を果たす役割に期待がもたれています。
そこで今回の介護福祉セミナーでは、I部では、地域の専門職が集結し認知症等に対する正しい知識を伝え、本人や家族が穏やかな暮らしができる地域づくりを目指し活動している「じゅんちゃん一座」に講演をしていただきます。
II部は、県内で地域とのつながりを実践している3つの事業所から報告をしていただきます。この2部を通して、地域と福祉施設や専門職との関わりについて皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

日時

2020年3月6日(金)10:30~14:30

  • 参加費無料
  • 定員 先着200名

会場

中部学院大学 関キャンパス外部リンク
11301大講義室

プログラム

10:00 受付開始
10:20 開会挨拶
10:30 I部 講演
「笑って!学んで!認知症と高齢者てんかんを理解しよう ―症状とその対策―」
【講師】
竹内淳子氏(十和田市立中央病院メンタルヘルス科診療部長) &
じゅんちゃん一座
じゅんちゃん一座寸劇
「姑VS嫁 ~絶対おまえが盗ったんだ!!~」
「真相報道 バババンキシャ ~スクープ!! 爺は撮った!?~
12:00 昼食・休憩
(昼食は各自ご用意ください。食堂・売店は休みです。)
13:00 I部 実践報告
「地域資源としての近隣交流」
 愛の家グループホームたるい ホーム長 川口健太郎氏
「ごちゃまぜで笑顔になれる居場所 ~地域との架け橋~」
 特別養護老人ホームいぶき苑 地域支援室長 橋本英樹氏
「ようこそ!「田原みんなのおうち」へ!!
~「ひとりがみんなのために みんながひとりのために」つなぐ地域の居場所づくりとは~」

 関市社会福祉協議会 生活支援コーディネーター 波多野孝典氏
14:30 閉会挨拶
14:40 閉会
15:00~16:30 岐阜県介護福祉職の集い【会場:同窓会室】
(岐阜県介護人材確保・育成支援事業)

講師紹介

竹内淳子Dr.プロフィール

十和田市に生まれる
1990 秋田大学医学部卒業
1994 岩手医科大学精神科助手
1995 岩手県立精神保健福祉センター所長心得
1998 岩手県立北陽病院リハビリテーション科長
2003 岩手県立一戸病院第2精神科長
2008 医療法人幸仁会髙松病院副院長
2009 十和田市立中央病院精神科(現メンタルヘルス科)診療部長として現在に至る

じゅんちゃん一座

じゅんちゃん一座は、平成23年12月に結成された、寸劇を用いて認知症について普及啓発活動をしているボランティア団体です。一座は医療(精神科医師、精神保健福祉士)、介護・福祉(ケアマネジャー)、行政(保健師)などの多機関・他職種のメンバーで構成されています。

>

問い合わせ先

中部学院大学・中部学院大学短期大学部 介護福祉セミナー係(地域・産学連携課内)
TEL:0575-46-7158 FAX:0575-24-9432
E-mail:chiiki@chubu-gu.ac.jp

ページの先頭へ戻る