新着情報

岐阜市と包括連携協定を締結しました

2019.05.08

中部学院大学ならびに中部学院大学短期大学部は5月8日、岐阜市(柴橋正直市長)と連携協定を結びました。本学が県内の市町村と連携協定を締結するのは10例目。

本学では、地元出身の学生を中心に、地域で活躍できる人材を育てる教育を進めています。これまで岐阜市とは、教員がそれぞれ個別に連携してきましたが、今回の協定により、多様な分野で協働して地域の課題を解決していく体制が整いました。

締結式で大学の古田善伯学長は「今後は福祉やスポーツなど幅広い分野を通しての地域活性化にも取り組みたい」、短期大学部の片桐多恵子学長は、「人間福祉という分野で地域貢献を支えていきたい」と話しました。柴橋市長は、「幅広く課題を解決できるよう連携を深めたい」と抱負を述べられました。今後、芥見地区での地域と学校をつなぐ取り組みや拠点づくりや学習支援室での学生による支援などに取り組んでいく予定です。

連携・協力内容

  1. 地域福祉の向上に関すること
  2. 教育、子育て支援に関すること
  3. 健康づくりに関すること
  4. まちづくり、地域の活性化に関すること
  5. 人材育成に関すること

中部学院大学の古田学長、柴橋岐阜市長、中部学院大学短期大学部の片桐学長
(左から)中部学院大学の古田学長、柴橋岐阜市長、中部学院大学短期大学部の片桐学長

ページの先頭へ戻る