新着情報

「教育フォーラム2018」を開催しました

2019.02.09

「今だからこそすべきことがある!! 小学校英語」

日時

平成31年2月9日(土)
13時00分~16時50分

場所

中部学院大学各務原キャンパス

参加者

173名

「教育フォーラム2018」の様子

講師等

講演者 東京学芸大学教授 粕谷 恭子 先生
パネリスト 中部学院大学学事顧問 久埜 百合 先生
文部科学省初等・中等教育 山田 誠志 先生
岐阜大学教育学部 巽 徹 先生
中部学院大学教授 服部 吉彦 先生
実践発表 各務原市立尾崎小学校校長 林 香里 先生
高山市立本郷小学校教諭 山本 祐也 先生
白川村立白川郷学園 小谷 真吾 先生
山元 紀子 先生
鈴木 益子 先生
本巣市立幼児園 三島伊久美 先生
佐藤菜穂美 先生
吉田 靖徳 先生

成果

  • 県内だけでなく県外からの参加者もあり、また、小学校関係者から一般企業関係者まで幅広く中部学院大学の小学校英語教育の考え方を共有できる機会となった。
  • 粕谷恭子先生を始め、著名な講師陣を揃えることができ、また、内容も現場の実践をもとにしながら、伝わりやすいものとなっていたこと、そして、参加者同士で意見交流をする時間もあったことから、参加者の多くは(97%)満足した時間を過ごすことができた(アンケート調査から)。
  • 岐阜県だけでなく全国的にも課題となっている小学校英語の指導方法に対して一石を投じる内容を提案できた。
  • 本巣市立幼児園の実践発表とパネルディスカッションにて服部先生より幼・保・小のゆるやかな連携についてご助言いただけた。
  • 幼稚園・保育園の先生の参加者が、昨年よりも大幅に増えており、関心の高さが見られる。
  • 幼・保・小の連携に関わること、さらには、幼児教育における英語教育の指導方法についてワークショップ等の研修を求める声があることがわかった。

アンケート結果

質問事項への対応

参加者から、講師やパネリストの先生には、質問事項に回答をいただきました。
その回答は3回(3月・4月・5月)に分けて、本ホームページ上で紹介します。

教育学部学生の受付係
教育学部学生の受付係

実践発表 各務原市立尾崎小
実践発表 各務原市立尾崎小

実践発表 高山市立本郷小学校
実践発表 高山市立本郷小学校

実践発表 白川村立白川郷学園
実践発表 白川村立白川郷学園

実践発表 本巣市幼児園
実践発表 本巣市幼児園

中部学院大学 古田学長 挨拶
中部学院大学 古田学長 挨拶

教育学部 宮本学部長 挨拶
教育学部 宮本学部長 挨拶

参加者 173 名
参加者 173 名

ご講演 粕谷恭子先生
ご講演 粕谷恭子先生

パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子

参加者の意見交流の様子
参加者の意見交流の様子

パネリストからのメッセージ
パネリストからのメッセージ

中部学院大学短期大学部 片桐多恵子学長 ご挨拶
中部学院大学短期大学部 片桐多恵子学長 ご挨拶

受付入口の風景
受付入口の風景

書籍販売の風景
書籍販売の風景

ページの先頭へ戻る