新着情報

2018年度 地域公開講座を開催しました

2019.02.06

2月6日(水)に、関キャンパス同窓会室で地域公開講座を開催しました。株式会社studio-L東京事務所より所長兼コミュニティデザイナーとして活躍する西上ありさ氏を講師にお招きし、「地域を変えるデザイン」をテーマに講演をしていただきました。地域に直接関わる行政関係の方から一般市民の方まで約40名が聴講しました。

西上氏は、様々なデザイン手法を用いて地域住民と協働しながら課題と向き合い、改善に向けて取り組んでいる事例をもとにお話されました。ここでいう「デザイン」には、モノのデザインからサービスやシステムのデザイン、コミュニティデザインなど多岐にわたるデザインが含まれます。理性的な判断を促す「正しさ」とは異なり、直感的な判断を促す「楽しさ」(共感や驚き等も含む)を生み出すためにデザインの力(デザイン思考)が有効的にはたらき、そしてその「楽しさ」が課題解決等の原動力になるのだそうです。

根室市の真宗大谷派の寺院における取り組みでは、デザイン思考の実践により地域住民の参画が促された例を説明されました。ワークショップを繰り返すなかで参加者の意識に変化がみられた経緯や、その他にもワークショップ参加者の気持ちに変化を促す下準備として会議場所の設定に工夫を施すなど、聴講者にとっては大変興味深く、最後まで聞きごたえのある内容でした。

また、講演後の質疑応答では、参加者から多くの質問があるなど盛況の中で閉会を迎えました。

帰り際には、「とても良かった」「いい話が聞けた」と挨拶をされる方も多く見受けられたことからも有意義な講演であったことが伺えました。

講師の西上ありさ氏
講師の西上ありさ氏

講演の様子
講演の様子

ページの先頭へ戻る