新着情報

通信教育部が専門学校 浜松医療学院と教育連携協定を締結

2018.11.27

協定式の様子

中部学院大学 通信教育部は、専門学校 浜松医療学院(浜松市)と11月27日、浜松市内の同専門学校において教育連携協定を締結しました。

専門学校 浜松医療学院では、特色ある教育課程の編成を目指したいと考え、通信制大学との教育提携を検討していました。そのなかで、中部学院大学が教育連携の候補先に挙がり、今回の教育提携に至りました。

中部学院大学通信教育部との教育連携により、浜松医療学院の専門学校生は専門学校での学習成果とともに、より効果的で負担度の少ないカリキュラムで学士の称号や社会福祉士受験資格を修得することができます。

協定式では、中部学院大学の古田善伯学長と専門学校 浜松医療学院の臼井義雄学院長が連携に向けての抱負を述べた後、協定書の調印を行いました。

ページの先頭へ戻る