新着情報

北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部と連携協定を締結

2017.09.12

教育交流を推進

中部学院大学と中部学院大学短期大学部は、北陸学院大学及び北陸学院大学短期大学部(金沢市)と9月12日、本学関キャンパスにて連携協定を締結しました。

本学では、時代のニーズを踏まえ、連携を模索してきましたが、同じキリスト教主義大学であり、大学規模や教育分野(学科)が近い北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部と協議を重ね、今回の連携協定が実現しました。この度の大学間連携の目的は、大学教育の質を高めることにあります。今後は、両大学のキリスト教主義による建学の精神に基づき、時代の要請に即した専門性と教養を身に付けた優れた人材の養成に向け、教育、研究、地域連携などで交流・連携を図ります。具体的には、教職員の人事交流や学生交流、単位の相互認定などの教育交流などを進めていきます。

協定式では、中部学院大学の古田善伯学長、中部学院大学短期大学部の片桐多恵子学長、さらに北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部の町田健一学長が協定書の調印を行った後、連携に向けた豊富をそれぞれ述べました。

【具体的な連携活動内容】

  1. 内部質保証に向けた相互評価に関する事業
  2. 両大学間によるFD・SDに関する事業
  3. 教職員の人事交流に関する事業
  4. 両大学間の学生交流に関する事業
  5. 単位互換等に基づく教育交流に関する事業
  6. 両大学の学生募集に関する事業
  7. 両大学間におけるIR活動の推進に関する事業
  8. 地域連携の推進に向けた活動に関する事業
  9. 両大学間における研究活動の連携に関する事業
  10. その他、両大学が合意した事項
協定式の様子
(左から)中部学院大学の古田善伯学長、
中部学院大学短期大学部の片桐多恵子学長、
北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部の町田健一学長

ページの先頭へ戻る