新着情報

関市観光協会・関市と連携協定を締結

2017.07.24

市内の観光資源の発掘に学生が一助

中部学院大学ならびに同短期大学部は7月24日、関市(尾関健治市長)と一般社団法人関市観光協会(岡田忠敬会長)と、観光に関する連携協定を締結しました。

関キャンパスのある関市は、小瀬鵜飼や刃物、円空などの観光をはじめ、ラグビー日本代表の五郎丸歩選手がゴールキックの前に行うポーズに似ていると評判になった「宝冠大日如来像」や、絵画のような美しさで知られる通称「モネの池」などがインターネットや口コミで広がり、多くの観光客が訪れています。また、刃物がない世界を描いたPR動画「もしものハナシ」も話題になりました。今回の締結は関市観光協会が中心となり、進めてきました。関市のことをあまり知らない市外からの大学生や留学生とも連携し、まだ注目されていない第二、第三の新たな観光資源を発掘するのが大きなねらいです。

連携・協力内容には、[1]地域の観光地発掘に関すること[2]地域の発展に役立つ人材養成に関すること[3]おもてなしによるまちづくりに関すること[4]外国人の受け入れに関すること[5]その他前の条項の目的を達成するために必要な分野に関すること-を盛り込んでいます。

締結式で、中部学院大学の古田善伯学長は「本学にはいろいろな世代、地域、国から学生が集まっています。学生と関市を盛り上げ、発展に貢献していきたい」、同短期大学部の片桐多恵子学長は「若い感性と新鮮な気持ちで関市の良さを見つけてくれると思っています」と語りました。尾関市長は「インスタグラムなどSNSでの情報発信が大きな影響力を持つ時代。大学生の目線で発信してもらえるのでは」、岡田会長は「外国人観光客の受け入れなどでも、海外からの留学生の柔軟な感性が大きなヒントになると思います」と期待を寄せました。今後、学生を集い、関市東部の武儀、上之保地域、西部の武芸川、洞戸、板取地域を散策し、新たな観光資源の発掘につなげていく予定です。

【連携・協力内容】

  1. 地域の観光地発掘に関すること
  2. 地域の発展に役立つ人材養成に関すること
  3. おもてなしによるまちづくりに関すること
  4. 外国人の受け入れに関すること
  5. その他前の条項の目的を達成するために必要な分野に関すること
(右から)中部学院大学の古田善伯学長、同短期大学部の片桐多恵子学長、岐阜県の古田肇知事
(左から)関市の尾関健治市長、
一般社団法人関市観光協会の岡田忠敬会長、
中部学院大学の古田善伯学長、
中部学院大学短期大学部の片桐多恵子学長

ページの先頭へ戻る