新着情報

2016年度 羽田福祉賞 を募集します

介護福祉の研究と発展に貢献した人を顕彰する「羽田福祉賞」

羽田福祉賞 2016年度 募集要項

目的

介護福祉に従事している職員、あるいは将来介護職に従事しようとする学生で、すぐれた実践を行った者、あるいは介護福祉の発展向上に寄与する研究を行った者に対して、その功績をたたえ広く伝えるために「羽田福祉賞」を授与する。

実施主体

中部学院大学・中部学院大学短期大学部

対象

顕彰部門

  1. 介護福祉の実践において優れた実践活動を行い、顕彰に値する個人又はグループを対象とする。
  2. 「優れた実践」とは、ケアワーカー、ケースワーカーなどとして、高齢者や障害者福祉サービスを実施している施設又は団体において10年以上勤務し、優れた実践を行った者をいう。

調査研究部門

  1. 学生の部:高校生、短大生、大学生等で、介護福祉の発展向上に寄与する優れた調査研究を行った個人又はグループを対象とする。
  2. 一般の部:介護に関する業務に従事する者であって、介護福祉の発展向上に寄与する優れた調査・研究を行った個人又はグループを対象とする。
    ただし、1、2ともにすでに発表されたものは該当しない。また、文字数や形式は問わない が、一般的な論文作成の形式に準じること。

募集の方法

自薦他薦を問わない。
受賞を希望するものは下記応募用紙により期限までに事務局まで申し込む。
応募用紙は「顕彰部門」は様式1を、「調査研究部門」は様式2を用いる。

審査

「羽田福祉賞」審査委員会が行う。

表彰

  1. 「顕彰部門」は応募者の中から選考し、該当者に賞状と副賞を授与する。副賞は10万円。
  2. 「調査研究部門」においては優秀賞と奨励賞、努力賞を設け、それぞれ選ばれた者には、賞状と副賞を授与する。副賞は、次の通りとする。優秀賞 5万円 奨励賞 3万円 努力賞 1万円

日程

募集開始 2017年1月10日(火)
締切日 2017年2月22日(水)
審査発表 2017年3月10日(金)
表彰予定期日 2017年3月17日(金)

申し込み 及び 問い合わせ先

中部学院大学・中部学院大学短期大学部 総務課「羽田福祉賞」係 篠田まで

〒501-3993 関市桐ヶ丘2丁目1番地
TEL:(0575)24-2211
FAX:(0575)24-0077
e-mail:soumu@chubu-gu.ac.jp

「羽田基金」の主旨

「羽田基金」は、故 羽田辰男先生のご遺志により本学に頂いた寄付金によって運営されています。先生は、弁護士として法曹活動とともに、人権問題や高齢者問題など、幅広く活動をされていました。
本学では、先生のご遺志にそって、介護人材の養成と介護福祉発展のために「羽田基金」を設け、「羽田福祉賞」の他、奨学金や介護福祉関係図書の整備に活用させていただいています。

ページの先頭へ戻る