新着情報

スポーツ健康科学部 開設記念シンポジウム を開催します

シンポジウムテーマ
「スポーツ競技力を高めるために必要なこと」

本学は2017年4月、スポーツ健康科学部を開設します。
スポーツ科学、健康科学をコアに、医療・教育・福祉など幅広い学問領域を網羅しており、スポーツのある人生をサポートしていく熱きプロフェショナルの育成を目指します。

  • 日 時 2016年10月16日(日)
        12:00~    受付開始
        12:10~12:50 特別プレ講義(参加自由)
        13:00~16:20 シンポジウム     
  • 会 場 関キャンパス 11301教室
  • 参加費 無料( 参加申込方法はこちら
  • JR岐阜駅からスクールバスを運行します
    (行き)12:00 JR岐阜駅北口13番乗り場発(1台)
    (帰り)16:45 関キャンパス発(1台)

プログラム

10号館3階 学生ホール
12:10 ~ 12:50 大塚製薬株式会社監修 特別プレ講義「カラダづくりと栄養」 追加決定
11301教室
13:00 ~ 13:10 開会・挨拶(中部学院大学学長 古田 善伯)
13:10 ~ 14:10 講演「メンタルトレーニングは選手に何をもたらすか」
田中ウルヴェ 京 氏
14:10 ~ 14:20 (休憩)
14:20 ~ 16:10 パネルディスカッション
16:10 ~ 16:20 閉会・挨拶(中部学院大学副学長 片桐 多恵子)

大塚製薬株式会社監修 特別プレ講義「カラダづくりと栄養」

私たちに馴染みのあるポカリスエットやカロリーメイトをはじめ、人々の健康を身体全体で考えるトータルヘルスケアカンパニーとして事業展開する大塚製薬株式会社。
開設記念シンポジウムに併せ、大塚製薬株式会社監修のもと「カラダづくりと栄養」について特別プレ講義が行われます。貴重な栄養学の資料も配布されます。こちらの特別プレ講義へのご参加もお待ちしております。

大塚製薬株式会社

講演「メンタルトレーニングは選手に何をもたらすか」

田中ウルヴェ京(みやこ)氏

日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング上級指導士
ソウル五輪シンクロナイズドスイミング・デュエット銅メダリスト

田中ウルヴェ 京(みやこ) 氏

1967年生まれ。聖心女子学院初等科・中等科・高等科を経て、日本大学在学中の1988年にソウル五輪シンクロ・デュエットで銅メダル獲得。
10年間の日米仏の代表チームコーチ業とともに、6年半の米国大学院留学で修士取得。
現在、学術研究者・経営者の両面の顔を持つメンタルトレーナーとして活躍中。

様々な大学で客員教授として教鞭をとる傍ら、慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科博士課程に在学、「トップパフォーマーのコーピングの体系化」の研究を行っている。
2001年から起業し、心と身体両面の健康を軸に、アスリートからビジネスパーソンなど広く一般にメンタルトレーニングを指導。著書訳書多数。夫はフランス人。2児の母。

パネルディスカッション「スポーツ競技力を高めるために必要なこと」

パネリスト

  • 喜久生 明男 先生(医師・スポーツドクター)
  • 榊原 直樹 先生(トレーナー)
  • 菊池 啓子 教授(栄養士)
  • 鵜飼 建志 准教授(理学療法士)
  • 松岡 敏男 教授(スポーツ健康科学部設置準備室長)
  • 野口 晃一郎 氏(司会)

申込方法・お問い合わせ先

いずれかの方法でお申込ください。

  1. ウェブサイトからお申し込み下さい。
    シンポジウム参加 申し込みフォーム
  2. FAXからお申込ください。
    上記チラシ(PDF)の裏面の申込書を印刷していただき、申込書欄をご記入の上、FAX願います。
    FAX:0575-24-0077
  3. お電話にてお申し込みください。
    TEL:0575-24-2211

QRシンポジウム参加
申し込みフォーム

中部学院大学・短期大学部 関キャンパス 総務課
〒501-3993 岐阜県関市桐ヶ丘二丁目1番地
TEL:(0575)24-2211

ページの先頭へ戻る