新着情報

関市と大学の連携包括協定を締結しました

関市との連携協定に関する協定書締結の様子

中部学院大学(学長 岡本 健)、中部学院大学短期大学部(学長 片桐 多恵子)と関市(市長 尾藤 義昭)は7月7日、「連携協力に関する協定書」を締結しました。
これまで、本学と関市は教育、福祉分野を中心に連携を図ってきましたが、今回の締結は、今後さらに、相互の持つ機能を活用することにより、関市の教育、福祉の充実・発展、産業の振興を図るとともに、本学の教育・研究の充実発展に寄与することを目的としています。
締結式には本学から、岡本健大学学長、片桐多恵子短期大学部学長の代理として飯尾良英社会福祉学科長ら6人が出席しました。はじめに、尾藤市長が「お互いが知恵を出し合い、切磋琢磨していける機会をいただきました。大学の知の財産を市民活動、経済活動、行政活動に結び付けて、より一層地域発展のために、生かして取り組んでいきたい」とあいさつしました。岡本学長は「これからはまさに知恵の時代です。私たちの知恵をどのように生かし、実現していくかを考える記念すべき日になりました」、飯尾学科長は「市民の生活と密接に関わる研究をしている幼児教育と社会福祉の分野において、安心・安全の向上に、大学として貢献していきたい」とそれぞれ抱負を語りました。
本学と関市との協定では、▼まちづくり、くらしづくりなどの推進▼観光、産業の振興など地域経済の発展▼幼稚園、小学校、中学校、高校教育および大学教育のさらなる向上▼地域の発展に役立つ人材育成▼生涯学習の推進▼国際交流、多文化共生の推進▼福祉の充実▼学生および教職員の地域活動への参画-などが盛り込まれています。
学生の若い力がまちづくり、くらしづくりに実践的に生かされることにより、関市の地域活性化、人材育成につながることを期待しています。

(写真説明)関市との連携協定に関する協定書を締結した(左から)飯尾良英短期大学部社会福祉学科長、岡本健大学学長、尾藤義昭関市長ら=関市役所

ページの先頭へ戻る