総合研究センター

研究倫理について

人を直接の対象とし、個人からその人の行動、環境、心身等に関する情報、データ等を収集・採取して行われる研究<人を対象とする研究>については、研究者からの申請に基づき研究倫理委員会が審査を行います。

本学の研究者は、

  • 研究の遂行にあたり国際的規範、国内の法令、本学の諸規定を遵守します。
  • 共同研究者、研究協力者、研究支援者などが不利益を被ることのないよう配慮します。
  • 研究データなどを収集するときは、適切な方法を手段を選び、適切な範囲のものとするよう努めます。
  • 個人に関わるデータなどを収集する場合は、その目的、方法などについて十分な説明を行い、同意を得ます。
  • 個人情報の保護に留意し、個人を特定できるデータなどを漏洩することのないよう努めます。
  • 研究の過程で蓄積したデータなどを、研究成果の公表後も保存し、疑義の生じないよう努めます。
  • 研究のための調査や実験を行う場合は、安全管理の責任を負います。
  • 研究成果は、可能な限り速やかに公表することを努めます。

関係する規程等

ページの先頭へ戻る