中部学院大学・中部学院大学短期大学部

学生考案高齢者向けオリジナル体操を披露

楽しく体操 コロナに負けぬ(中日新聞12月25日付朝刊)

中部学院大学短期大学部社会福祉学科で地域交流を学ぶ2年生13人が、高齢者向けのオリジナル体操を考案し、12月24日、各務原市内のグループホームトリア吉野町で入所者に披露しました。体操は、東京の音楽家から提供された楽曲に、学生がストレッチ効果のある振りを付けました。体操の動画をまとめたDVDも作成し、関市や岐阜市の高齢者施設8か所に配布しました。

この様子が、中日新聞(岐阜・近郊)に掲載されました。

ページの先頭へ戻る